【FX初心者へ贈る】FXを始める前の基礎知識

FXというとちょっと怖いイメージ。「ザ・投資」という感じで素人が簡単に手を出してはいけないと思ってしまいます。でも、普通の主婦の方でもかなり利益を出している方もいて「ポイントさえ押さえて気を付ければ大丈夫」とも言われています。FXはレバレッジといって自分の実際の資金の数倍の金額を投資できるシステムがあり、ここを無理しなければ資産を無駄に溶かしてしまうこともないのです。まずは、初心者が知っておくべき知識を掲載しておきます。

取引の基本的な流れ・・・FXとは?

FXとは?
Foreign Exchange、つまり外国為替取引の略称のことです。ただ、個人投資家の間でFXという場合は、「外国為替保証金取引」のことを指すのが一般的です。
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!

外貨定期預金のように満期の定めがなく、いつでも自由に売却できますし、外貨の買いだけでなく売りから取引を始めることもできます。つまり、円高でも為替差益を得ることができるのです。

FXは市場が24時間開いているのでいつでも取引ができるかわりに気も休まらないかも。MYルールを決めて疲れないようにするとよいですね^^;
専業主婦のように時間が自由になる方には向いている、といわれます。
始めるまでにFX入門セミナーなどに参加してみるのもいいかもしれません。独学では難しいです。

《FX取引の基本的な流れ》

1.FX事業者の口座を開設する

2.一定額を保証金としてFX事業者に預ける(例えば30万円)

3.FX事業者から信用供与され、保証金の数倍の額の外貨取引ができる
(例えば10倍の300万円)
⇒この場合のレバレッジは【10倍】となります。

レバレッジとは?
「テコの原理」のこと。テコの原理とは、小さい力で重いものを持ち上げることのできる仕組みを指します。
FXは元手が少なくてもそれ以上の金額で投資ができるんです。それがイチバンの【FX】の魅力かもしれません。その代り、損が出たときは損した金額分補てんしなくてはいけないのでレバレッジが大きければ大きいほど大変なことになります!初心者はレバレッジ1でしたほうがいいと個人的には思います^^!

レバレッジを高めるほど、FXのリスクは高まっていく んです。FXの長所でもあり、短所でもありますね。

簡単にいえば、取引金額÷元手金額=レバレッジ数 ということですね!

《 例えば》「10万円の保証金を収めることによって、1万ドルの取引ができるとしましょう。1ドル=120円であれば、10万円の元手で、実際には120万円相当の米ドルを取引していることになります。つまり、保証金として納めた10万円を元本とみなすと、元本に対して12倍ものレバレッジとなるんです。

スワップポイント(スワップ金利)とは?
日本と通貨発行国の金利差のこと。
高金利の通貨を買っている場合、毎日金利差額を受け取ることができます。
日本の金利が、通貨発行国の金利よりも低い状況の時に、その外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されていきます。要は金利収入のことです。レバレッジを10倍にして外貨を購入すると、スワップポイントは保証金に対して同じように10倍にもなるのです!

ただし、スワップポイントが入ってくるのは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合です。逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は、スワップポイントを支払わなければなりません。

マージンコール・ロスカットは怖くない!実は投資家を保護してくれるシステムです

ロスカットとは?
口座開設の際、取引会社に5万円や、10万円といった一定の証拠金(保証金)を預けます。取引会社によって、例えば証拠金の7割が損失で消えてしまったら(取引会社によって水準が設定されています)強制的に決済される等の仕組みが存在します。これを「ロスカット」と言います。
マージンコールとは?
評価損が発生し、証拠金維持率が一定レベルを下回りそうば場合(取引業者による)、取引業者から保証金の追加やポジションの決済を求められる。その通知のこと。「保証金」を追加してください~*と連絡がきます。追加をしないで損失が増えていくとロスカット!されます。^^;

1ドル=100円が、1ドル=110円になった場合(円安になった場合)・・・
[110円-100円=10円の利益]×所有金額=利益!(*^_^*)なので問題ありません。

1ドル=100円が、1ドル=90円になった場合(円高になった場合)・・・
[100円-90円=10円の損]×所有金額=損益(T_T)となりロスカットされてしまう可能性があるんですね。

強制的にされる「ロスカット」・・・なんだか怖いシステムですがこの「ロスカット」というシステムがあるおかげで損失をストップできるのです。損失がどこまでも拡大することがないよう、投資家を保護してくれるシステムなんです^^

しかし!FXの魅力のひとつは、買いのみではなく、売りが出来るという点です。自分の予想に応じて外貨が上がると思えば買い、逆に外貨が下がると思えば売りから投資を始めることができます。つまり、円安でも、円高でも、どちらでも利益を生み出すチャンスがあるのです。

また、高金利の通貨を買っている場合、毎日金利差額を受け取ることができる(※スワップ金利)ので収益をあげることが可能なんですね^^

※スワップ金利(金利差調整分)とは?
2国間の金利差から得られる利益のことです。 つまり、日本のような低金利通貨を売って、豪ドル(オーストラリアドル)のような高金利通貨を買うと、その金利の差額を毎日受け取ることができるのです。

人気のFX取引 1割の儲かっている人には共通点があった!

外貨預金とFXの違い

外貨預金とは

・・・日本円を外国通貨に交換し、預金すること。外国為替銀行に預ける外貨建ての預金。
外資系の銀行だけでなく、日本のほとんどの銀行が扱っている。

メリットは・・・外貨が値上がりしたときに差益が狙えること。
デメリットは・・・外貨が値下がりした時に差損がでること。

円の場合の預金と同じように、「普通預金」「定期預金」があり、仕組みも同様。


《外貨預金》の仕組み

外貨預金とFXの違いを簡単にまとめてみると・・・

《外貨預金》 《外国為替証拠金取引(FX)》
金利が安い 金利が高い
手数料が高い 手数料が安い
為替レートは一日に一回決定 為替レートはリアルタイム
※1ペイオフ対象外 ※2投資家の資産は分離管理で保護される
レバレッジはかけられない ※3レバレッジをかけられる

※1ペイオフとは・・・金融機関が破たんしたときに、預金保険機構が、預金者に預金の一定額を払い戻すことです。「ペイオフ解禁」という言葉は、2001年4月以降、預金を全額保護するいまの仕組みが終了し、金融機関が破たんしたとき、預金額がカットされるという意味で使われています。

※2「分別管理」とは・・・顧客の資産と会社の資産を分離し、信託銀行に信託することです。 信託銀行に顧客資産を信託していれば、取引会社に万が一のことがあっても、債権者による資産差し押さえから、顧客の資産は保護されることとなります。

※3レバレッジとは・・・少ない元手でそれ以上の金額を投資することができる仕組み。

FXのほうが断然お得ということが明らかですよね^^!