季節の豆知識~春・夏・秋・冬~




【五節句の一つ】1/7・・七草の種類

1/7は※五節句のひとつで、人日(じんじつ)の節句といい、【別名】七草の節句といいます。
人日とは文字通り “人の日”という意味で、中国の前漢の時代に、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来するそうです。

※五節句……江戸幕府が定めた式日で、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽のことをいいます。

改めて七草の名前と実物が一致するのかな?と思い見てみました。

上段左からスズシロ(大根)・スズナ(カブ)・オギョウ(コギョウ)

下段左からホトケノザ・ナズナ・セリ・ハコベラ
かな、と。

スズシロ(大根)・スズナ(カブ)・オギョウ(コギョウ)はわかりやすいのですが残りは良く似ていますね!

芹せり 薺なずな 御行おぎょう 繁縷はこべら 仏の座ほとけのざ 菘すずな 蘿蔔すずしろ

これぞ七草

1年の無病息災を願って食べるとも言われていますが、理にかなっていて七草には栄養がたくさんありますよ!

セリ・・・鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。
ナズナ・・・熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。

ハコベラ・・・タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では古くから薬草として親しまれています。

スズナ・スズシロ・・・ ジアスターゼが消化を促進します。

ちなみに七草粥の作り方は簡単。
七草を塩を入れた熱湯でさっとゆで、水にさらした後、小さく刻んで作っておいたお粥に混ぜるだけですヽ(^o^)

2/3は節分です・・・豆をまく理由とは?【豆知識】

2/3は節分です。1/1がお正月として節目となっていますが、暦の上ではこの節分を年変わりの日として考えるそうです。

節分に豆をまく理由とは?

なぜ豆をまいて、鬼を追っ払うのか?

日本では昔から穀物や、果実には「邪気を払う霊力」があると考えられていて、豆を蒔くことで豆の霊力により邪気を払うということなのだということです。
豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があり、また、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」という意味もあるのだとか。

炒った豆をまくのはなぜなのか?

鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があるみたいですよ。

イワシを食べるのはなぜ?
イワシは魚へんに弱いと書きます。語源は弱し・卑しというそうです。臭いも独特。
そんなイワシを食べることによって「自分の中にある陰の気を消し去る」という意味を持ち、煙にも魔除けの効果があると言われているので、できれば焼いたイワシを食べる方がいいそうです。
地域によっては焼いたイワシの頭をヒイラギの枝にさして玄関に飾る風習もあります。魔除けの意味なのですが、鬼は臭いものや尖ったものを嫌うというところからきているみたいです。

年齢が経つにつれ、お豆を投げるということから縁遠くなりがちですが(子供のころは単純に楽しかったかもしれないけれど)お豆を投げる、というよりは邪気を払うということに意識を置くとよいのかもしれません。



St.バレンタインデーの日本での由来

2/14はSt.バレンタインデーです。
一昔前は、女子が大騒ぎでチョコレートを用意して男子はまだかまだか・・・と待っている。
なんていう日でしたが平成の現代では(笑)「友チョコ」とか言われるものが大流行で男子なんかにあげない女子たちが巷にあふれている・・・そんな日になってしまっていますねヽ(^o^)

ところで、その「友チョコ」ブームですが、本来欧米ではSt.バレンタインデーは恋人や友人、家族などでお互いにカードや花束、お菓子などを贈りあうそうなんですよ。なので一昔前の「女子が男子にチョコレートを贈る」というのは日本独自の習慣なのです。
今の状態が本来のSt.バレンタインデーの姿なのでした♪

なぜ日本では「女子が男子にチョコレートを贈る」という習慣が根付いたのでしょうか?

日本で「女子が男子にチョコレートを贈る」という習慣が根付いた理由なぜ日本では「女子が男子にチョコレートを贈る」という習慣が根付いたのでしょうか?
1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりなんだそうです。

バレンタインデーと言っても、自分チョコや友チョコがすごいのですがそれが本来の姿なんですね。

ちなみにバレンタインデーの始まりというのもあって、昔々ローマでルぺルクスという豊穣(ほうじょう)の神のためにルぺルカーリアというお祭りが行われていたそうです。毎年2月14日に未婚女性たちが名前を書いた紙を入れ物に入れられ祭りが始まる翌日15日に男性がその紙を引いて当たった女性と祭りの間お付き合いをする・・・というならわしがあったとか。
また1年後には同じようにそのくじびき(?)が繰り返される、という。
そのことが次第に変化していき2月14日に恋人たちが贈り物などするようになっていったのだとか。

3月3日は女の子のお祭りです【豆知識】

ひな祭りの由来とは

平安時代の中ごろ、3月初めの巳の日に紙で作った人形で体をなで、邪気を人形に移して川や海へ流したのが※上巳の節句。
そのように、人形は可愛らしいだけでなく人間の分身とされていたわけで当時宮中の女官たちの間で流行していた「ひいな遊び」とこうした風習が合わさり江戸時代に入り、3月3日が女の子の節句(ひな祭り)へと変化していきました。
江戸末期には現代の形になったといわれています。

※・・別名「桃の節句」と言います

ひしもちの色の意味は?

赤・・・桃
白・・・雪
緑・・・草

地面には雪が残っていても雪の上には桃が咲き始め、雪の下では緑の草が…という情景を表現しているそうです・

ハマグリのお吸い物の意味は?

ハマグリの2枚の貝殻がぴったりと合うことからハマグリは古くから女性の貞操を意味するものとされ、婚礼にも必ず用いられていたそうです。その流れからひな祭りにも用いられているようです。

季節の変わり目となる日を節句と呼び、この時に食べる料理を節供(せちく)といい、季節の食材を使った料理でお祝いします。
ひな祭りで言うと、ちらし寿司や草餅などがそれです。

ちなみに、ちらし寿司をひな祭りに食べる理由としては特になのですが、ちらし寿司に使われる具材として
「エビ」…長寿
「れんこん」…見通しがよい
「豆」…健康で働きもの

などという意味もあり、また、見た目もきれいということで食べられるようになっているという説もあります。

節句は1年に5回あります

1/7の人日(じんしつ)・・・七草の節句
3/3の上巳(じょうし)・・・桃の節句
5/5の端午(たんご)・・・こどもの日
7/7の七夕(たなばた)・・・七夕祭り
9/9の重陽(ちょうよう)・・・菊の節句

となっています。

ひな人形の仕舞い方のコツ【豆知識】

どんなに高価で立派なひな人形でも、扱い方や保存方法が悪ければすぐカビたり傷ついたりしてしまいます。
実は、高価な人形ほど顔も傷つきやすく衣装も正絹が使われているため虫に食われやすい、ということなんです!

しかし、江戸時代や明治時代のひな人形でも受け継がれているものもあるというほどですので、保存さえよければいつまでも美しく状態を保てるということも事実です。

1.汚れを落とす

・羽ばたきと小筆を使って丁寧にホコリを取り除く
・顔の汚れがあれば、消しゴムやコスメのアイメイク用チップを使ってもOK。
・衣装の汚れは熱いお湯で固く絞ったタオルでたたきながらとり、よく乾かす。
※洗剤やせっけんは絶対に使わないこと※

2.型崩れを防ぐ

・やわらかい白い薄紙を頭の後ろから当て、髪型をカバーするように包み込む。顔の部分はさらに薄紙を数枚重ねる。
・人形の袖には厚紙を入れて型崩れを防ぐ。

3.箱にしまう

・人形の箱には紙でクッションを。塗り台には表面に薄紙を当てる。
・ケース入りの人形隙間に紙を入れる。(また出すことも考慮してケース周囲にひもをかけておくとよいです)
・保存場所は天袋や押し入れ上段など湿気の少ないところに仕舞いましょう。

高価なものですし、もしかしたら両家のご両親からの贈り物のことも多いかと思われる「ひな人形」
大事に使ってお嫁入り道具になるほどになってほしいものです。

今はマンション住まいなどひな人形を置くスペースがないなどの理由からケース入りのものも増えてきていますし、
仕舞うのにもそんなに手間はかからないことも。
なおさら、きちんと仕舞って大事にしたいですね。



5/5は端午の節句…男の子のお祝い…【豆知識】

端午の節句の由来

もとは中国で5月の初めの午の日、旧暦の5月5日に薬草を摘んだり、菖蒲で作った剣をかけて厄払いしたのが、端午の節句です。
この風習が奈良時代に日本に伝わり、菖蒲を軒先や家の中に飾ったり、はちまきに挟んだりして無病息災を願うようになりました。江戸時代に入り、武家では男子の誕生を記念してよろいやかぶと、のぼりを立てはじめ、端午の節句は定着したということです。

お下がりでもいいのか?どちらの親が購入するのか?
鎧兜は本来その人の「身を守るお守り」という意味合いなので一人ひとつを与える、ということです。なので、基本的にお下がりではないほうがよいですね。
しかし、各ご家庭の習わしもありますから絶対にダメとは言い切れません。どちらの親が買うのか?という問題も出てきますが、最近では「どちらでもよい」らしいです。お祝いですので、臨機応変に祝う気持ちを優先してOK!ということなんですね。

こいのぼりはなぜたてる?

中国の伝説では鯉は立身出世の象徴とされています。
江戸中期まで武家ではのぼりを立て、兜や槍を外に飾り男子の出世を祝いましたが、時代とともに飾り物は屋内に飾られ、代わりに町民を中心に立身出世を願い、大きな鯉のぼりを立てる風習が定着し現在に至っているそうです。
五月人形は、ホコリと手あかが大敵です。五月人形は5/5のお節句が終わったらしまうのが普通です。

ちまきや柏餅はなぜ食べる?

中国の詩人、屈原が国を憂い江南の泊羅江に身を投げたのが5/5。その霊のために米をまいたら、
屈原が聖霊となって現れ‘蛟竜(こうりゅう)に米を取られるので竹筒に入れ楝(おうち)の葉で蓋をし、色糸で縛ってほしい’といったのがちまきの始まりだそうです。
柏餅は江戸時代から端午の節句の食べ物の仲間入りをしたそうです。
現在はともに、端午の節句の代表的なお菓子となりました。

五月人形の仕舞い方のコツ【豆知識】

五月人形は、ホコリと手あかが大敵です。五月人形は5/5のお節句が終わったらしまうのが普通です。

こいのぼり


基本的に外で飾っているものなのでかなり汚れています。
●きれいな布で水拭き⇒カラ拭き⇒陰干し⇒たたんで仕舞う

兜(かぶと)


・金属部分は指紋に気を付けてティッシュなどはさんで扱います。
・眼鏡拭きやネルの布でキレイに拭く。
・指の塩分で※緑青(ろくしょう)がふくこともあるので注意すること。
※金属銅に生ずる緑色の錆
・兜の本体は毛ばたきではたきます。両サイドの吹き返し部分はスレや傷つき防止のため紙で巻いて保護しておきます。

箱に入れる際は兜の鉢の部分に紙を丸めて入れ、全体を紙に包んで仕舞います。

鎧(よろい)や兜に使われる正絹は虫の害が心配ですが、素材を傷める防虫剤は使用せず陰干ししてからポリ袋に入れ密閉しましょう。