(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今回はこちらの話題ですー!

【申請して戻ってくるお金】緑のカーテンを設置すると補助金が貰えます

近年よく見かける緑のカーテン、いわゆる「グリーンカーテン」ですがこれを設置するときに申請すると補助金を出してくれる自治体が増えています。

「グリーンカーテン」ってどんなもの?

「緑のカーテン」とは、アサガオやゴーヤ、ヘチマのようなツルが何かに巻きついて伸びる種類の植物(ツル性植物)を建築物の壁面を覆うように育てて、緑化を行うものです。
こんな感じのものですよ。
(楽天市場)

緑のカーテン 立掛けタイプ【グリーンカーテン 日よけ 日除け 節電】

(Amazon)

セキスイ 緑のカーテン つる植物栽培セット 立て掛けタイプ(スリム) 巾0.9X高さ2.7X奥行1.0m ブラウン

【参考】グリーンカーテンの作り方⇒グリーンカーテンプロジェクト(環境省HP)

グリーンカーテンの効果

条件により異なりますが、日射を遮り室内の温度を2℃程度低減し、都市の省電力化に資するほか、風通しがよく目隠しともなるため、窓を開けて室内の快適性を向上させることも期待できます。また、植物に含まれる水分が蒸発することにより、日射による熱を吸収するため、室内のみならず都市の気温低減にも寄与し、都市におけるヒートアイランド現象の緩和による省電力効果も期待できます。
概ね6月頃までに準備すれば真夏には窓を覆うことができ(今からできる)、子どもやお年寄りも楽しく取組める(誰でもできる)緑化活動です。(国土交通省HPより引用)

申請すれば補助金が貰える!

グリーンカーテンを設置するためにかかった費用を補助してくれる自治体が増えています。
例えば、東京都では補助額の目安として

対象経費: 緑化に必要な経費(工事費、調査設計費)
補助率:対象経費の2分の1(上限10,000千円)
: 対象経費の5分の3(上限12,000千円)
※植栽後に、樹木の生育状況や表面温度等のモニタリングを実施する場合
となっています。
東京都の予算額は60,000千円だそうです。
※直近では、平成31年3月15日までに緑化が完了するものに限り、随時受け付けています。
【参考】花と緑による緑化推進事業(東京都環境局HP)

受付時期などは各自治体によって違っていますので来年に向けてやってみたい方は、お住まいの地域ではどうなのか確認してみてくださいね。

ガーデニングのついでに挑戦してみる?

補助金が出るならやってみようかな、と思った方も多いのではないでしょうか。普段からガーデニングをしていて植物を育てるのが好きな方、得意な方は楽しくできるかも。個人的にはわたしはすぐ枯らしてしまう人なので、向いていないかも(苦笑)
毎年やっている方は結構早くから取り組んでいるようです。まだ寒いな~という季節にはすでに土台も出来ていてあとはツルが成長して出来上がるばかり、というイメージです。ここが出来る人と出来ない人(わたし)の違いです(笑)