(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫2018年11月より新たに「資産を増やす暮らしVer.2」を開始、更新していきます!(本サイト「資産を増やす暮らし」はこのまま置いておく予定です)

【2018年4月1日「TBSがっちりマンデー」で紹介!】空いてるスペースない?「モノオク」で副収入!

TV放送は少し前になりますが、もしかしたら副収入になるかも?

2018年4月1日にTBS「がっちりマンデー」で紹介された面白い話題です。あなたの「家の押入れ」が1ヵ月5,000円の副収入のなるかもしれません。

「空いてるスペースを活用したい人と、荷物を他に置きたい人をつなげるサービスでがっちり!」⇒モノオク

あなたの「家の押入れ」が1ヵ月5,000円の副収入に!「モノオク」

モノオクは空きスペースを活用できる、物置きシェアサービスです。

「モノオク」とは?
個人の空きスペースに荷物を預けることができるサービスです。
置きたい場所を選べばあとは荷物を預けるだけ。引越し/リフォーム/趣味など利用シーンは様々。従来のトランクルームよりも手軽に荷物を預けることができる新しい荷物預かりの仕組みを提供するサービスです。

会員は大きく2つに分かれます。

ホスト
荷物を預かる場所を提供する会員。
家の余ったスペースを貸すだけで手軽に副収入を得ることができます。
手軽な副業として期待できます。

ユーザー
荷物を預けれられる場所を探している会員。
主に引越しやリフォームでの一時預かりのケースや、趣味のものを預けるケースなどがあります。

さらに詳細は公式サイトへ⇒モノオク

現在の受け入れ可能なスペースは東京都世田谷区のみ。順次エリアを拡大予定だそうです。

3ヶ月や半年などの契約期間の縛りはなく、ホストと相談して必要な期間だけ荷物を置くことができます。1か月でもOKなんです。しかも、もう少し延長できませんか?荷物の搬入を手伝ってくれませんか?など、ホストと気軽に交渉することが可能なんだとか。
これね、すごく都会ならちょっと警戒しちゃうけど、田舎のお母さんお父さんが登録してくれていたら頼みやすいサービスじゃないですか?高齢な方でお仕事したいけどなかなか無いのよ~なんていう方で、田舎の大きなお家で荷物置くスペースたくさんあるよー、という方ぴったりかも♪

どんな人がユーザー(借りる人)?

自宅リフォーム中の家具を置く場所がない。
出張・転勤・留学で荷物の保管をしたい。
仕事場をもっと広く使いたい。
トランクルームの代わりに。
生活空間を広げるため。
引越しで一時的に荷物を置きたい。
どれも誰もが起こりうることですよね。契約期間の縛りがないので、ちょっと置かせて!という感じで利用できるのがいいですね。

荷物に対する保険もあります!

「もしもの時も大丈夫。三井住友海上と協力し、安心サポート」
サービス内の記録であなたの荷物だと証明できる荷物には最大10万円までの補償があります。あなたがホストの時に、もし誰かの荷物を破損・紛失してしまっても同じ補償が受けられるので安心です。

どんな人がホスト(貸す人)?

見知らぬ人のスペースに自分の荷物を置かせてもらうのだから、信用がないと心配ですよね。どんな人がスペースを提供するのかが気になるところですが・・・
もう使わなくなった「銭湯」だったり。
オートロック・管理人が常在するマンションの一室だったり。

モノオクの社長、阿部さんによると一部屋余ってる主婦の人とか、ロフトが余ってる単身赴任の人が多いそうです。
「モノオク」は、スタート以来1年で、モノを置いてるユーザーは1000人超え。置かせる側は400人以上と、どんどん増加中なんだそうです。
隙間を見つけた、まさにスキマビジネスですね!

空いているスペースを作ってわたしもホスト登録したい!

現在、自分の荷物だけでパンパンの住居ですが(笑)、片付けて預かるスペースを作ってわたしもホスト登録したいですー!
責任もって預かりますよ!(誰に向けて・・・(笑)?)

まとめ・その他

お困りの際はモノオクカスタマーサポートがサイト内にありますので安心です。
公式サイト⇒モノオク

同じ日の放送で、「モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】」も紹介されていました。
以前紹介しています。

番組では、実際に空きスペースを貸している、斎(サイ)さんのお宅を訪ねています。
2018年4月1日放送【空いてる◯◯がお金に変わる?「モノオク」】

いずれにしてもご利用の際は自分の置かれた環境、自己の判断で!