サイト内記事一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

炎天下の駐車場、車内に女児 ガラス割ろうとしたその時

暑い日が続き、いつもは気にしないのですが熱中症に気を付けて、なるべく外出を夕方以降にするようにしています。大人でもそんな感じなのに、小さな子どもだったらもっとしんどいですよね。おなかを痛めて生んだ我が子ならなおさら気を付けてほしい・・・。

スポンサーリンク

炎天下の駐車場、車内に女児

お買い物をするときって「これを買うだけだから5分で済むよね」なんて思っていても、ついつい寄り道してしまったりしてあっという間に30分かかっていた・・なんてよくあることなんです。

千葉県八千代市のマルハン八千代緑が丘店。女性従業員が昨夏、駐車場の車の中でぐったりとした2歳ぐらいの女児を見つけた。
気温は30度を超えているのに、エアコンは動いていない。窓をたたき、声をかけても反応はない。店内のアナウンスで車の持ち主を呼び出し、警察に通報。ガラスを割ろうとした瞬間、女児が寝返りをうった。
発見から10分後、戻ってきた両親は「短時間じゃないですか」「こんなことで子どもは死にません」。いらだった様子だったという。

朝日新聞デジタルより引用)

このニュース、驚きました。まだたった2歳の、赤ちゃんみたいな子供を車の中に残してお買い物。この母親も「ちょっとだけ。すぐ済む」と思って車に2歳児を残して出掛けたのでしょう。

どんなに事故が起きても「まさか自分の子が・・。」「うちは大丈夫」などと思ってしまうのが人間です。でも、こんな時犠牲になるのは小さな子供です。

今回は何事もなくてよかったのですが、このニュースを目にした小さな子供さんのいるご家庭は「明日は我が身」と思っていいと思います。このスーパーでは、「救出の為(ため)、車の窓ガラスを割る場合があります」という注意書きを貼ってあるそうです。
従業員の方に頼るわけではありませんが、もし非常事態ならガラスを割ってもいいと思います。

パチンコ屋さんでもすべての店舗でこのようなシステムを導入して実行していただきたい。パチンコなんてあっという間に時間が過ぎる代表みたいなものですから・・・。

最近は核家族化していて子守りしてもらえない環境が増えて、こんなに暑い日にも小さな子供を連れて出ないといけないという現実もあります。いろんなところに無料のベビールームが増えるといいんですけど。

喉が渇く前に水分補給しろ、といいます。コンビニやスーパーに行けば飲み物はすぐ買えますが、ちょくちょく買っていると結構お金がかかります。出掛ける時はペットボトルに水やお茶などを持って出掛けるようにしたら、節約にもなるし水分補給を意識できるのでそのようなことを心掛けたいものです。
こちらを購入してストック中!まとめ買いがお得です。