(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今回はこちらの話題ですー!

【簡単!家庭菜園シリーズ】パセリ・・・万能薬パセリの栄養

家庭菜園で「パセリ」を育てています。なんと、放っておいてもどんどん育つ!パセリは簡単に育つのにすごい栄養があるって知っていましたか?でも、ただたくさん食べればいいということではなく、「少し注意も必要な場合」もあるそうです。

万能薬「パセリ」の栄養をご紹介します♪

家庭菜園で「パセリ」を育てています口コミ

ご覧のとおり育てやすく放っておいてもどんどん育つ優れもの。
料理の横に置いたら、彩もよくなり美味しそうになりませんか?

ただ、そんな脇役っぽいパセリなのでどうしても残されがちです。

でも、すごい栄養があるって知っていましたか?

炭水化物
食物繊維
タンパク質
ビタミンA群(βカロテンなど)
ビタミンB群(チアミン、葉酸など)
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンK
カルシウム
鉄分
カリウム
マグネシウム

などがそれです。

βカロテンやビタミンCが非常に豊富なため、パセリには動脈硬化を予防する効果や、美肌効果があると言われているそうです。
パセリの中にあるピネン・アピオールという物質や葉緑素には、口臭を抑える効能があるそうなので気になる方は是非お試しを。

パセリの栄養(JA全農やまぐち)

ただし、妊娠中や授乳中の女性は注意が必要なようです。
子宮に刺激を与える作用があるため食事に含まれる量以上のパセリを摂取するのは控えたほうがよいそうです。
パセリはハーブの一種で、妊娠中や授乳中の女性は、避けた方がよいハーブがありますが、パセリもそれに含まれるということです。

あと、パセリには、余分な塩分や水分を身体の外へ出す働きがあるので
高血圧・冷え・むくみの予防・改善効果があるのです。

また、胃腸にもよく胃潰瘍やストレスにより傷ついた胃壁の粘膜を、再生・保護する効果もあり、パセリに含まれる※ピネンという物質が消化を助ける働きもするそうです。

※ピネン・・・ハーブやかんきつ類に含まれる爽やかな香りの元となる成分。抗炎症作用、リラックス効果もある。また、腸内の悪い細菌を減らしてくれる効果も。

どうですか?パセリってすごいです。
すぐ枯れてしまうので家庭菜園で必要な時に摘んで・・・というのがいいんですよね!