サイト内記事一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

【健康保険制度が崩壊?!】少子高齢化による2024年問題とは

スポンサーリンク

少子高齢化による2024年問題

6年後の2024年に健康保険制度が崩壊するって??
なにそれ?ということで覚書として掲載しておきます。

2024年には、人口の半分以上が50歳を超えるので頼りになる健康保険制度が崩壊するかも?と言われているそうです。
国会の場で小泉信次郎さんが提言しています。自民党でも、社会保険制度の抜本的改革を求めています。
その理由⇒50歳を増えてくるあたりから1人当たりの医療費が増えてくるというデータが出ており、2024年ごろから現役世代の負担が増えるため、保険料が増える可能性が大きい。そうなると国からの補助も増えるざるおえないため「国民の支払う税金の負担が増えてくる」ということになります。すると、今まで受けていた制度のメリットが不可能になり破たんにつながるのでは?と言われているのです。

(今回の記事内容は「情報ライブミヤネ屋」さんで2018年6月7日に放送されたものを参考に簡易的にまとめています)

自分が加入している保険はなんですか?

【医療費の負担って?】

病院に行ったとき窓口で支払っている医療費は実はそのとき掛かった医療費のうち何割かを負担した金額なんです。「保険証」を持っていると思いますが、それは何かしら「健康保険制度」に加入している証です。保険証を提示することによって、医療費は国民それぞれ以下の負担となります。

■※0歳から就学前まで・・・2割負担
■小学生以上~70歳まで・・・3割負担
■70歳~74歳・・・2割負担
■75歳~・・・1割負担
(70歳からでも現役並みの収入があれば3割負担)
医療費の自己負担(厚生労働省HP)
※就学前までの児童に対しては各自治体によって医療費の補助が出て、無料になったりもしますよね。

国民健康保険

(保険料平均10%負担⇒平成30年度 国民健康保険料 目安表 
主に自営業の方が加入。都道府県が運営。国から4.6兆円の補助。扶養する家族にも保険料が発生。

共済組合

(保険料平均5.9%負担⇒地方職員共済組合団体共済部HP≪掛金(保険料)と負担金≫
公務員が加入。国家公務員・地方公務員組合が補助。⇒加入者数は一番少ない

協会けんぽ

(保険料平均7.6%負担⇒平成30年度保険料額表
事業主と被保険者が折半で負担(ただし、任意継続被保険者の保険料は、全額本人負担)。主に中小企業の会社員が加入。扶養する家族の負担なし。国から1.2兆円の補助⇒加入者数が一番多い

健康保険組合

(保険料平均5.8%負担⇒(例)NTT健康保険組合の場合
原則として雇用主と折半。主に大企業の従業員らが加入。企業ごとの健康保険組合(健康保険組合の6割が赤字といわれています。)

いろいろなタイミング(出産など)で給付金が貰えるシステムがあるので各組合に確認してみるといいですね。
我が国の医療制度の概要

健康保険制度のメリット

給付金の一部を挙げています。

■出産育児一時金(出産したとき一人当たり給付)・・・42万円(費用がそれ以下でも42万円貰える)
出産育児一時金の支給額・支払方法について(厚生労働省HP)
■傷病手当(仕事中のけがで休職など)・・・3日以上休む場合、1日当たり給与の2/3が給付(最大1年6か月)
■出産一時金・・・1日当たり給与の2/3が給付される(産前42日~産後56日)(※国保以外)
■入院時の食事代が1日3食まで補助が出ます(自己負担460円(低所得者210円))
厚生労働省お知らせ
■入院した場合、65歳以上は住居費として補助金が出ます
入院時生活療養費の生活療養標準負担額(厚生労働省HP)

・・・など。

もし医療を受けた場合、3割負担だと1万円の時は3000円でいいのです
(※年齢や本人の状況によって違ってきます)

高額療養費制度(1日~末日までが基準)として・・・
治療費が100万円なら負担30万なの?⇒医療費支払いは上限8万7千円でよいのです。
高額療養費制度について(厚生労働省HP)

※ちなみに、健康保険組合には付加給付というものがあるそうです。大手企業だけあって手厚い保障があるようですね!
例)高額療養費が上限1万5千円まで、など(各企業で異なります)

現在運営が厳しいと言われている「健康保険組合」が解散した場合、今までの加入者が「協会けんぽ」に加入する可能性があります⇒国の補助の負担が大きく増えます(税金の負担が増える?)

健康保険制度が破たんしないための「自己防衛」とは?

無駄な医療費を使わない(ジェネリックを使う、など)
高額医療(がんなど)の保険に加入しておく

ということが挙げられていました。

数年後、さらなる増税が待っているかもしれません~(涙)。ふるさと納税だけでは節税対策甘いかも!(焦)

・・・こちらのページはまた随時更新していきます。