(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今回はこちらの話題ですー!

【確定申告のはなし】ビットコインの使用などで利益が出た!税金は?

今話題の「ビットコイン」で利益が出た人も多いのではないでしょうか?その利益には税金がかかります。気になったので調べてみました。参考にしてください。

ビットコインで利益が出た時の税金のはなし

ビットコインを使用することで生じた利益は植税の課税対象となります。所得の種類は「雑所得」です。

「雑所得」の税金の計算方法

ビットコイン以外の仮想通貨に関しても同様の扱いとなるようです。
公的年金以外の雑所得(その他の雑所得)の金額の計算は・・・

「総収入金額-必要経費」

で計算します。

そして、給与所得などの他の所得の金額と合計して総所得金額を計算して、所得に応じた累進課税を適用して、納める所得税額を計算します(※総合課税)

※総合課税とは、他の所得と合算して税金を計算する制度です。

「雑所得」は損益通算・損失の繰り越しはできません

雑所得は計算上損失が生じてもその損失の金額を他の各所得の金額から控除することはできません。もし、株ですご~く利益が出て、仮想通貨ですご~く損失が出ても、プラスマイナス0!というわけにはいかず、株で出た利益(譲渡所得)に対する税金はそのまま支払わなくてはいけないのです。残念!しかもその損失は翌年に繰越できません。

株式で出た利益は「譲渡所得」になり、※分離課税で計算されます。

※分離課税とは他の所得と分離して所得税を計算する制度です。

「雑所得」は20万円以下ですか?

1か所から給与を受けている人で他に所得がない場合はビットコインで出た利益(※雑所得)が20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。つまり、年末調整をするサラリーマンの方ならビットコインで出た利益(※雑所得)が20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。しかし、医療費控除する方や、年収が2000万円超の方など確定申告対象者は確定申告してくださいね!
※雑所得=「総収入金額-必要経費」

ここで注意!

所得税は20万円以下は非課税ということなのですが、住民税はすべての収入を合算して計算しますので、他の収入によってはもしかしたら住民税が増えちゃうこともあるかもしれません。

そういう場合は、住民税の申告をお住まいの自治体にしなくてはいけない、ということですので窓口に確認してみてくださいね。

所得税の確定申告をしていれば住民税の申告は必要ないようです。というのは確定申告のデータは自治体にも渡るためそれに基づいて住民税の計算をするそうですよ。

かくいうわたしは昨年株取引による損益通算をしているので2017年度も確定申告の必要があります。来年はいろいろバタバタしそうです・・・