サイト内記事一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

【カラーセラピーのチカラ】モテる服の色は○○・・・色のイメージ・・・

今回はちょっと面白い色のはなしを聞いたのでご紹介します!

映画やドラマのファッションは、おしゃれという観点からというだけでなく登場人物の設定をより確かに伝える小道具として意図的に考えられていることが多いそうです。

例えば、同じ人物が若いころから壮年まで演じる時、服の色合いを変えて年齢を感じさせる、など。メイクだけでない、年齢相当の雰囲気のイメージを服の色合いを変えていくことで作り上げていっているんですね。

では日常生活の服の色でもいろんな影響を与えることがあるのか?
「モテる服の色はあるのか?」ということなんですが。

スポンサーリンク

面白い色のはなし「モテる服の色は○○」

アメリカの大学の研究チームが若い男性を対象にいろんな服と人物との組み合わせで女性の写真を見せていった結果
若い男性は「女性が赤い服を着るとその色に反応し影響される」という研究結果が得られたそうです。

これには生物学的な根拠もあるそうで、霊長類のメスは排卵期が近づくと尻などの体の一部に赤みが増し、オスはこの色に引き寄せられるとか。

色のイメージとしては

   暖色系=親しみやすさ、女性らしさ

  寒色系=真面目さ、冷静さ

ということがあります。

モテたい!と思ったときは暖色系のファッションを選ぶとよいかも!ということですね(*^_^*)
TVでも、公開お見合いパーティなどの番組もありますが思うようにいかないのが世の常というか・・・

人としての魅力がイチバンなのは当たり前ですが、「きっかけ」のアイテムの一つとして視覚から攻める、というのもアイデアなのかもしれませんヽ(^o^)