サイト内記事一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

年金を自力で増やす方法「自営業・フリーランス」編




年金を自力で増やす方法「自営業・フリーランス」編

年金を自力で増やすには?ということですが、会社員として勤務していれば社会保険や自分で積立したり、などがあります。
しかし、「自営業・フリーランス」の人はどういう方法があるのか?ということになったとき、もちろん国民年金は支払う義務がありますからそちらプラス、ということなんですが・・・

国民年金だけではちょっと頼りないな~、となったときに「小規模企業共済」というシステムがあります。こちらは、掛け金に応じて節税にもなります。

「小規模企業共済」とは?
小規模企業共済制度は、個人事業をやめられたとき、会社等の役員を退職したとき、個人事業の廃業などにより共同経営者を退任したときなどの生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。
小規模企業共済法に基づき、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。
掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で自由に選択できます。

個人事業主の場合は個人事業を廃業した場合に共済金を受け取れるので、廃業して突然路頭に迷うということがないのは有難いですね。
【参考】小規模企業共済 制度の紹介

実際自分が個人事業を始めたりすることはないと思うのですが、こういったシステムがあることを知っていれば万が一フリーランスとして働き始めた時に頼りになるし、加入してみるのも一案かな、と思いました。

社会保険に加入している会社員(サラリーマン)は「老齢基礎年金+老齢厚生年金」がもらえるのに対し、国民年金保険加入である自営業・フリーランスの方は「老齢基礎年金」のみなので貰える年金の金額もかなり少なくなってくるのです。

つまり、フリーランス・自営業の方のほうが年金を自力で増やすために対策を打つ必要があるんです。というわけで、「小規模企業共済」制度は覚えておくとよいシステムなんです・・・・という話でした。