(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今日はこちらの話題ですー!

NHKあさイチで特集! 「不便益」ってなに?

「不便益」という言葉、聞いたことがありますか?
一言でいうと、不便から生まれる益を「不便益」(ふべんえき)と呼びます。

NHKあさイチで特集! 「不便益」ってなに?

現代は便利なものに囲まれています。コンビニも24時間空いているから夜中に何か欲しくなっても買いに行くことができます。
お正月だって、昔は年末年始はお店がお休みだったから休みに入る前に買いだめしたり、おせちを作って正月三が日はおせちを食べて過ごしたり・・・

「便利」「最短」「効率」を追求した結果、このような生活になっているし、それが受け入れられています。ましてやビジネスの上では当然のこと。ちょっとでもロスがあると「生産性が・・・」となっちゃう。

でも、そんな便利な生活に慣れてしまって、ふと、「行き詰ってしまってる」と感じたことありませんか?これって便利過ぎない?というか・・・
例えば・・・おなかが空いたとき、コンビニに買いに行けば食べ物はすぐにあるんだけど、家にあるもので何か作ってみたら案外美味しいものが作れた、または、料理が楽しかった、なんてことがあるかも。これも一種の「不便益」なんです。

平成生まれの若者は逆に便利なシステムが当たり前だから、そんなこと思ったことないかもしれませんね。

今話題のこの本

で、今話題なのがこの本↓

【新品】【本】ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便をとり入れてみてはどうですか? 不便益という発想 川上浩司/著

決して昔の生活に戻ろうとするのではなく、便利な中での「不便」をあえてしてみることで気付かなかった何かを発見できるのかも?という感じ。最近、自分が感じていたことがココにある!という本です。