サイト内記事一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

泣いて免疫力UP?!脳内ホルモン「エンドルフィン」のちから




泣くとすっきりするのはなぜ?

涙には心にも体にも「癒し効果」があるそうです。

泣いた後には、脳内ホルモンの一つでモルヒネ様物質として知られる「エンドルフィン」が増加することがわかっています。

エンドルフィンには強い鎮静作用があり、適度な運動の後などにはこの物質が増加して、ストレス解消とすっきり感をもたらすことが知られています。

泣くとすっきりするのは、こういうわけだったのです。

日々の中で、うまくいかないことや、どうしようもないこと。

お金が貯まらない~とか(笑)

その他、育児中のお母さんなら育児がうまくいかない、子供がイヤイヤ期、とか。
外出もできず、自分の時間もない!

ストレス溜まりますよね~~・・・

涙を流す・・・マイナスイメージはありませんか?わたしはちょっとはあるかな~

でもね、先に書いたように、涙には心にも体にも「癒し効果」があるそうです。

笑ったときと同じように泣く事は免疫力を高めることは既に明らかになっています。

過剰なストレスが免疫力を低下させることはよく知られていますが、

笑ったり泣いたりすることでストレスを解消することは、免疫力を高めることにつながるのです。

泣いて発散しちゃいましょ~

口角をあげるだけでもいいらいしいです。