(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫2018年11月より新たに「資産を増やす暮らしVer.2」を開始、更新していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。(本サイト「資産を増やす暮らし」はこのまま置いておく予定です)

【子育てとお金】大学進学するなら一人1000万円以上かかる現実

子供が生まれたら≪教育資金≫という大きな壁が現れます。
奨学金を借りたりすれば軽減されますがやはり大学まで進学するとなるとまとまった貯蓄があると安心です。

【参考】いくら必要?最新・教育費事情(AllAbout)

「子育てはお金がかかる」というはなし

で、漠然と不安になるより、数字にしてみるとイメージが湧きやすいのでは?ということでちょっと計算してみます。

子供が生まれた時(0歳)子供が18歳になったときに貯金しておきたい目標金額を決めてみる。

目標金額÷18年÷12か月=1カ月の貯金目標金額

という計算ができます。

例)目標金額が300万円ならば・・・
1か月14,000円の貯金ができれば目標クリア!ということになります。

それぞれのご家庭でこの金額が多いか少ないか、ということはあると思いますがこれくらいなら出来そうな感じですね?
昨今の学資保険は昔ほど預け利息が付かないのだそうです。
となると、学資保険を契約せず自分で貯めていくというのも手ですよね。
ただし、それぞれ学資保険のメリットもありますからご自分の環境に合うものを選択することが大事です。

働きに出ることが出来ないときに出来ることといえばこんなこともおススメです。お金がなくても豪華な食事が出来ると心にゆとりが生まれていいですよ!
楽しく節約できます!

家計のやりくり子育てのお金 しあわせ生活ガイド [ 羽田野博子 ]

価格:1,404円
(2018/7/5 11:21時点)