(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今回はこちらの話題ですー!

【豆知識】断捨離の名付け親とは?○○で使われる言葉だったのですね

断捨離という言葉をよく聞くようになりましたが
正確に意味を知っていなかったわたしです。

【豆知識】断捨離の名付け親とは?

最近知りました。

「断」・・・断行(だんぎょう)
「捨」・・・捨行(しゃぎょう)
「離」・・・離行(りぎょう)

というヨガで使われる言葉の頭文字を取ったものだったんですねヽ(^o^)

やましたひでこさんという方が世に出した言葉だとか。

やましたひでこさんの著書一覧

「断」・・・入ってくるいらないものを断つ
「捨」・・・家にはびこるガラクタを捨てる

以上の二つの行為を繰り返して
「離」・・・モノの執着から離れ、ゆとりある「自在」の空間へ

ということなんです。

深い・・・ですね。

わたしは今まで、理解が深くなくなんとなく通り過ぎていた言葉だったので
感激したというか、附に落ちたというか。

「今、家にあるものの8割ぐらいは過去や未来に軸がずれている」のだとか。
(昔使っていて捨てられない、いつか使うだろうから取っておくとか)

まさにその通り!!うちはまさにその通り(笑)

整理・収納術が「いかにモノを保管するか」

というところに主眼を置いている一方

断捨離は「常に代謝していくこと」

が前提。

そこが大きな違いだそうです。
わかりやすくないですか?

モノを無駄にするということででは決してありません。
モノの溜め込みは便秘と一緒でセンサーが麻痺してしまっているんですね。

家のガラクタを片づけることで
心のガラクタも片づける!
整理整頓についてまとめています