(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今日はこちらの話題ですー!

【社会保険シリーズ】65歳が岐路って?配偶者が仕事を定年退職したとき扶養に入っていたあなたはどうなる?

65歳が岐路ってどういうこと?
あなたは配偶者の扶養に入っていますか?もし扶養に入っているならば、配偶者が定年退職して社会保険に加入しなくなれば、あなたは「扶養に入っている」という立場ではなくなります。では、具体的にどのように変わるのでしょうか?気になることなので調べてみました。参考にしてみてください。

いわゆる定年退職とは?

普通に会社員として勤めている場合、一定の年齢になると定年退職ということになります。

少し前までは55歳定年退職が主流でしたが、1986年「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(=以後「高年齢者雇用安定法」とする)の改正で60歳定年が努力義務に、1994年の改正で60歳未満定年制が禁止(1998年施行)されました。
(All aboutサイトより引用)

ここから60歳定年退職が始まったようです。

また、2013年4月1日に施行された「 改正高年齢者雇用安定法」によって60歳定年後も原則希望者全員を65歳まで雇用することを企業に義務付けました。

それによって企業は

•定年年齢の引き上げ
•定年制の廃止
•継続雇用制度の導入(勤務延長制度や再雇用制度)
•勤務延長制:定年年齢に達した者を退職させること無く引き続き雇用する制度
•再雇用制度:定年年齢に達した者をいったん退職させ、再び雇用する制度

のいずれかの措置を求められているようです。
(All aboutサイトより引用)

勤務先の体制が整っていれば65歳までは社会保険に加入することができる

というわけで、65歳までは会社員として(勤務先の体制が整っていれば)社会保険に加入することができるということになります。

ここで問題なのですが、配偶者の国民年金の「第3号被保険者」となっている方は配偶者が65歳までの雇用があるまでは扶養に入ることができ国民年金の「第3号被保険者」ということで自身で保険料を払わなくても健康保険を使うことが出来ます。
しかし、配偶者の65歳までの雇用が終了すると同時に配偶者が健康保険から外れ、自身も健康保険から外れ、国民健康保険の加入し直さなくてはならなくなります(ー_ー)!

※保険料の計算方法は市区町村によって異なります。各市区町村の担当窓口で正確に計算してくれますので必ずご確認ください!

今まで、社会保険料のときは、保険料は半分は会社が負担してくれていましたが、これからは国民健康保険となるので全額自身で支払うことになります(ピンチ!)

国民健康保険は「世帯所得」、「世帯の加入する人の数」、「40歳~64歳の人の数(介護分保険料分が増える)」によって決定してくるため、少なくとも所得が多いほど金額が大きくなっていきます。

厚生年金保険は70歳までは加入できる

厚生年金保険は70歳までは加入できるので会社に勤務していれば最長で70歳まで第2号被保険者です。その配偶者・家族が扶養の条件を満たしていれば扶養に入ることができます(第3号被保険者)

70歳以上75歳未満は「健康保険高齢受給者」

70歳以上75歳未満になると「健康保険高齢受給者証」が交付されます。被保険者に被扶養者の条件を満たす者がいればこの健康保険の扶養に入ることができます。

75歳以上は後期高齢者医療制度に移行

75歳以上になると後期高齢者医療制度に移行することになります。こちらの制度には「扶養」という概念がないため、今まで扶養になっていた方は自身で国民健康保険に加入しなければならなくなるのです(ー_ー)!ここからが大変ですね。
手続きの手順

定年退職の年齢ぐらいの方が「保険料が高い、医療費がかかる~」と嘆いているのはこういうことも原因の一つなのですよね。この問題に向き合った時、とりあえず自分に出来ることは「貯蓄をしておくこと」これにつきます・・・(ー_ー)

・・・このシリーズはまだまだ続く( ..)φ