(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今日はこちらの話題ですー!

【優待デビュー、やってみよう!】株主優待をもらうには・・・実際に株を買ってみる・・・株を買う手順

株主優待をもらうには、その企業の株を購入しなくてはいけません。企業によって株主優待をいただける株数が違うので注意が必要です。
少額投資の方には、100株~優待のあるところがおススメです!

株を実際買う手順≪株を実際買う手順≫

1.証券会社に口座を作る

銀行の口座を作って貯金を始めるのと同じで、証券会社に口座がないと株取引はできません。口座を開くときにはお金を入金していなくても大丈夫です。
※ちなみに口座、税金の徴収方法は「特定口座で、源泉徴収あり」にすると証券会社代行で税金を計算してもらえて税金も納めてもらえますので手間がなく簡単です♪

2.株取引を始めるために資金として証券会社の口座にお金を入金する

こちらは普通に振込をする手順ですが、各証券会社によって振込手数料が違ったり無料だったりしますのでチェックしてみてください。ちなみにSBI証券はSBIネット銀行からの資金移動は無料なので両方の口座があるほうがお得です。

3.購入する株を決める

さていよいよ、自分の欲しい企業の株を購入します。初めは身近な良く知ったところがおススメです。5万円以下でもよい優待がたくさんあります。10万以下だともっとありますから、予算はまずは10万円で充分でしょう。

4.注文を出します

どの株(銘柄)を何株(株数)買うか注文を出します。何株から優待があるかチェックします。
●成り行き注文・・・いくらでもいいから買う
●指値注文・・・自分で価格を決める

の2種類があります。
指値注文のほうが買値がはっきりしているので初心者にはおすすめです。

※口座を開いた証券会社の自分のページに注文画面があります。

5.取引成立(約定)

出した注文が取引成立したことを約定(やくじょう)といいます。
約定すると晴れてその株はあなたのものに!そして、売却するまではあなたはその企業の株主となります。
取引が成立しなかった場合はお金は戻ってきます。どうしても欲しい株の時は成り行き注文か、買値を上げる必要があります。

いかがですか?株主になるのはとても簡単なんです。株を売却するまでその企業の優待や株数に対する配当金がもらえる権利があります。配当金のない企業もありますから購入前はよく検討しましょう。

はじめて購入した株はイオンでした。もちろん優待目的です。

直接生活に関わる企業で、優待はとても役立つ「キャッシュバック」があり、配当があり、値上がりしても売却せず保有しておきたいところです。ちなみに100株から優待があるので初心者向きではないでしょうか?

配当目的の中長期保有が穏やかに過ごせておススメですが、一獲千金を狙ってデイトレなども頑張っているプロの方も。
投資は自己責任ですから自分の環境にあった方法がイチバンですヽ(^o^)