(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

こんにちは、tikuです♫今回はこちらの話題ですー!

【平成29.4.1から】週20時間勤務のパートでも社会保険に加入できるように【年金シリーズ】

週20時間勤務のパートでも社会保険に加入できる時がやってきました~♫

平成29.4.1から

(1)1週間労働時間が20時間以上
(2)1か月当たりの賃金が¥88,000以上
(3)雇用期間見込1年以上
(4)学生でないこと

以上の条件を満たしていれば勤め先の会社において※労使で合意(働いている方々の1/2以上と事業主が社会保険に加入することについて合意すること)がなされれば社会保険の加入対象になります!

H28.10.1からの条件では上記条件に「従業員が501人以上の会社」があったのですが、H29.4.1からは500人以下の会社で働く方も社会保険加入の対象になります。

この制度の注意事項

社会保険の被扶養者(第3号被保険者)かどうか判断する年収130万円の基準に変更はないのですが、年収130万円未満であっても上記の加入要件に当てはまる人(社会保険に加入できる人)は被扶養者とならず、自身で厚生年金保険・健康保険に加入することになります。

現在、配偶者の勤めている会社で(家族手当など)≪扶養になっているための手当てなど支給されている場合≫は会社にお問い合わせしてみてくださいね。

国民年金保険の資格喪失の届け出

国民年金保険に加入されている方は国民年金保険の資格喪失の届け出を自身で行う必要があります。

この制度のメリット

国民年金・・・基礎年金のみ
厚生年金保険・・・基礎年金+厚生年金

となるので国民健康保険(国民年金)加入のみより、社会保険(厚生年金・健康保険)加入の方が将来もらえる年金が増えることになります。また、自身の勤め先で健康保険に加入すると傷病手当出産手当を受け取ることができるなどメリットもいろいろ増え、環境によって加入したい方には朗報ですねヽ(^o^)

さらに詳しくは⇒厚生労働省HPのニュースをご覧ください♪

 
[参考]初月無料で経理の仕事に役立つ150以上の動画が学べるサイト【Accountant’s library】