サイト内記事一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

(記事内容は記事を掲載&更新した時点での情報です。予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください。)

しないと損!医療費が10万円超えたら医療費控除【確定申告シリーズ】


持病がありそれに関して薬を長期間服用することになり、1か月のお薬代が8,000から9,000円となりそうです(◎o◎)

なので、ざっと計算しても「医療費控除」というものが受けられるみたいです。ところで「医療費控除」ってなんだっけ?と思い調べてみました。気になる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

医療費控除について

【医療費控除とは】

その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。
参考⇒≪国税庁≫医療費を支払ったとき(医療費控除)

〔実際に支払った医療費の合計額〕から〔保険金などで補てんされる金額〕を引き、さらに〔10万円〕または〔その年の総所得金額が200万円未満の人は総所得金額5%の金額〕のどちらかを引いたもの

が対象です。

なるほど~。では、実際どのくらい戻ってくるんでしょうか。計算式がありますよ。簡単な例を挙げて計算してみました。

医療費控除の計算例

例)課税所得が¥2,500,000の人の場合
1年間の医療費¥150,000-¥100,000=¥50,000←この¥50,000の10%
つまり・・・

A.所得税の還付金額→→→¥5,000

※課税所得金額に対する還付率
~195万・・・5%
~330万・・・10%←←←今回の例ではココ
~695万・・・20%
~900万・・・23%
~1800万・・33%
~1800万超・・40%

※住民税はH19年6月分から一律10%となっています。

なので・・・

B.住民税の還付金額→→→¥5,000

A+Bが還付金額なので・・・
合計¥10,000が還付されるということになります\(◎o◎)/

医療費控除の申請を行なって、住民税の還付金がいくら戻ってくるかは、その人の税率により異なってくるため家族の中で一番所得の多い人(所得税率の高い人)が申告して、医療費控除の適用を受けたほうが多くの還付金を受けることができるそうです。

医療費の領収書を捨てないでとっておきましょう~!

正しいやり方で税金が還付されるのならば是非還付してもらいましょう!

年末調整が終わり、次は確定申告で医療費控除の申請をして
税金を少し還付してもらえそうです。

税制は変わりますので、まずは管轄の税務署に確認してみることをおススメします。